ALL

おはようございます。

今年は・・・

私らしくないことを

やってみたいと思い、

日々過ごしています(笑)

 

たとえば~

車に乗らず、歩く・・・

 

たとえば~

車に乗らず、電車で移動・・・

 

たとえば~

外食せずに、自炊する・・・

 

たとえば~

黒ではなく、白、ピンクを着てみる・・・

 

たとえば~

イケイケ!ドンドン!の行動をやめてみる・・・

 

たとえば~

動きながら考えるのではなく

立ち止まって考えてからうごく・・・(できてるかな?)

 

いろなん

「私らしくないこと」

やってみます。

 

今までうまく行っていたことを忘れる。

ゼロに戻す。

 

今日はかわいくない写真ばかりです。

 

MJ新聞に・・・

img_0889

2017年、機械が

ネイルカラーを塗りますよ!

 

ひゃ~!

機械にできないことをしないと

需要はない・・・・

 

2017年からの

ネイルスクールを変革。

 

検定試験はハードルの一つ。

そしてプロとして

お客さまへ安心安全をお届けするため

超えていて当然のハードル。

 

ネイルで飯を食えるプロ!

を育成したい!

 

そう強く思うのです。

 

サロンワークありきの授業。

 

それがひととり終わったら

 

お客さまのために

そして自分の技量を図るために

検定試験を受験したい方には

それなりの対策をします!

 

スクール中は気が付けば

検定受験に追われた・・・

 

なんてことを避けたい!

 

「ね~ね~爪に一番いいことって何?」

とお客さまに聞かれて

1秒以内に

納得いく、短い言葉で返せますか?

 

これが今まで開催してきた爪護セオリーの

授業のスタートの言葉でした。

 

まさしく・・・

MJ新聞より

img_0895

 

技術同様

スクール授業では

プロとしての意見が

すぐに言える「会話力」のある

ネイリストさんを育成したい!

 

私に聞かれたら?

即答です!

「私に施術があたることで~す!」(笑)

とマジ顔でお客さまに答えています。

 

技術者は技術で見せたらいい??

 

いえいえ、今からの時代は

 

プロなので

技術はうまくて当たりまえ。

 

お客さまの認識を上げ

きれいになりたい!

と思ってもらえるボキャブラリーを、

そして

説得するオーラを持つことが

大切だと信じています。

 

いま、スクールお問い合わせの方々

お断りしていてごめんなさい。

 

2017年4月より

新しいネイルスクールの形を

作りたいと鼻息ゴウゴウ!です。

 

最後に・・・

新聞の写真ばかりでしたので

ちょっとかわいいやつを・・・

IMG_0060

ぎゃっはっは~!

30年前のわ・た・し~

 

50歳の今、

私らしくない私を探して・・・

三和田