2016年10月20日

今年もやってきました!

プロ野球ドラフト会議。

 

img_0930

私も数名、ドラフト会議に

かかる高校生、大学生、社会人の

方々を施術させていただいています。

 

いま、大事な大事な時期。

 

そんなとき、昨日の夜遅く

駆け込みのピッチャーが・・・

 

これまで爪が割れても、

自己流テーピングで何とか投げれていました・・・と。

 

でも、大事な時期なので、ここはプロに

任せようと、ネイルサロンへ・・・

(あちゃ~!)

 

強さが必要と聞いたネイリストさんは

アクリルで分厚くフローター

(あちゃ~!)

そしてハードジェルでジェルコート。

彼の話から推測すると・・・LEDライト!

(あちゃ~!)

 

「死ぬほど熱かった!」らしいです。

 

案の定、投げたら激痛!

 

別のサロンで、アクリルを取ってもらいました。

 

彼曰く

「歯医者みたいな機械でけずり

アルミ箔まいた」・・・とのこと。

 

そして

「全部取らずに、薄く残しますね~」

と言われたようです。

(あちゃ~!)

なんと、変な残し方でした(苦笑)

 

取ったのに、痛くて仕方ない!

見る限り傷もない!

折れている所をネイリストさんが

短くしたので、おかげで血豆が・・・

と駆け込みで来られました。

 

ネイルサロンの代理で

心底お詫びしました。

 

どうかお許しください!

ネイルサロンは悪気なく

一所懸命強くしました。

 

2件目も、全部取るほうが

悪いと判断しました。

 

いずれも、ネイルサロンは

一般のお客様用に勉強しています。

どうかお許しください・・・と。

 

アクリルフローターの技術よりも

手の汗の状態、

マメのある位置、

投げる方法、

爪の厚みや柔軟性、

投げる日数やおよその球数、

そして心理的なこと。

そして脳から出る神経の仕組み。

 

痛みの原因が爪にあると勘違い。

そこは脳に誤作動指令の可能性。

 

ほんとにほんとに・・・

スポーツネイルは

一般ネイルとは違います。

アスリートの手

 

「二度とネイルサロンにはいかない!

自分でやったほうがマシ!」

と彼は言います。

ホンマごめんなさい・・・

 

ネイルサロンが悪いわけでもなく

彼の選択ミスでもない

 

爪のプロがいる!

と思ってネイルサロンに行った彼。

 

私たち、肝に銘じて

人のカラダを触らなければ。

 

帰りは元気に、にこやかに

出て行かれました!

自分でできる予防方法、

自分でできる最強で最良の補強方法

をじっくり伝えて。

33d4210a23bef9072266265e9845144f_s

 

 

今後、同じことが

起こらないようにするには

何かいい方法はないかな・・・

 

私と同じ考えの方の

ネイリストを募り

そして、連絡を取り合い

各地方の困っているスポーツを

愛する方々のお役に立てる方法

「爪管理士」・・・深く悩みます。

 

おもしろそう!

今からの新境地かも!

やってみた~い!

この気持ちのネイリストさんではなく

 

細く永く

静かに温かく

駆け込み寺になっていただける方に

出会える2017年でありますように・・・

 

オカンの気持ちで

10月20日を迎えたいと思います。

三和田