大阪 高槻 ネイルスクール

NAILS GOOWテクニカルカレッジ

 

爪管理士のいる爪の相談所

NAILS GOOW(ネイルズグゥ)

 

スポーツと爪の研究所

GROWN CARE(グロウンケア)

 

爪とは・・・

指または足指の先端に生ずる角質の突起。

表皮の固くなったもの。

人の爪はひら爪と言い、

他の動物には鉤爪と蹄がある。

昆虫は・・・・

 

言葉で説明すると

こんな感じぃ~

 

爪は角質。

つまり細胞核を持たない

いわば死んだ細胞・・・

 

でもでも、直ぐ下はネイルベッドといい

神経、血管の見える場所。

 

根元は爪を作る

生きた細胞の集まるところ。

 

爪は死んだ角質とは

私は思えず・・・

むしろ、生きた過程を

現すところ・・・だと思っています。

 

からだの変調、

血液の状況を

結果として映し出すところ。

それが・・・爪。

 

う~ん・・・すごい!

 

2015年11月23日

DSC_1218

もともとNAILS GOOWのお客さまでした。

 

サロンがなくなり・・・

こんな爪になった時

 

とにかく医者へと思ったお客様。

 

御医者さまに行っても

特別処置はなく

問題もない・・・と。

 

いま大流行のケアしかしない

ケア専門店に行くと

原因はわからないし

どうしたらいいか伝えれないので

三和田 恵のところへ・・・

 

と、ご紹介いただいたようです(笑)。

ご紹介、誠にありがとうございます!

 

ということで、

本気で元通りにするぞ!

 

「これあげるから・・・」

「これをしてください!」

「あれ持って帰っていいから」

「あれをしてください!」

注文の多い三和田恵

(なんかこんな題名の絵本あったな~)

 

購入していただくものを

紹介するのではなく

 

まず、私を信用していただくことから

始めなければ

爪は元に戻らないと

信じている私。

 

①自宅で代用できるもの

②お金をかけずにできるもの

③どうしても専門的なことが必要なこと

 

③を先に紹介してはいけない。

 

 

信頼関係を持ちながら

3週間に一回のご来店。

 

本日、3か月目

2016年2月27日

平成28年2月27日

手の感触

肌の色

肌のつや

爪の形

爪の表面

爪の色(爪床のいろ)

・・・そして剥離部分。

 

私の話に

耳を傾けていただき

そして

私を信じて

お客様自身のホームケアで

ここまで来ました。

 

私たちの仕事

それは技術の前に

お客様に信頼され

お客様の気持ちを高めること

 

ココを、爪護セオリー

爪を護るセミナーで

ネイリストさんに伝えたい。

 

私はネイリストではなく

爪管理士・・・。

三和田 恵